« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005/02/28

三種共演♪

050228
 緋寒桜も終わり、タンカン(柑橘類)も今年の収穫は不作で山間部のみを残し、目を楽しませる物はスモモの花という時期になってきたが…

 そんな中、なんと緋寒桜が綺麗に咲き誇る沿道を見ると奥の畑はタンカンがまだ残った木と満開のスモモの木。遠目でスモモ左側のタンカンは少し分かりづらいが、三種の木は道行く人の目を楽しませるのには十分すぎるほどだった。

 今年は裏作と台風被害で収穫が少なく、すでに収穫が終わった畑多いというタンカン。さらに冬の長雨で収穫が遅れているところもあるという。

 また雨が続く。まるで雨期だね。急にまた寒くなってしまったし。海も空も暗くて気分がめいる。

「いくら雨が多い奄美とは言ってもこれはひどくないかい」ちょっと空に向かって文句を言ってみたり…

| | コメント (17) | トラックバック (1)

2005/02/27

H2Aロケット打ち上げ成功!!

 「ラナの日々」でも取り上げられていましたが、H2Aロケットが昨日打ち上げられ、これで日本の気象衛星も10年ぶりに復活になりそうです。

 今年の冬は平年と比べて日照時間が半分も少ない奄美です。さらに天気予報は結構当たりません。名瀬市でさえこれで、他の島の友達が「気象庁、適当に言ってるんじゃない?」とあきれかえるほど当たらないとか。

 第一、鹿児島県の天気で「奄美北部は晴れ」と言っているのに後半のピンポイント予報で「名瀬市は曇り、午後3時頃からは雨でしょう」とか、「名瀬市は一日雨の天気です」と言っているのに外はピーカンで晴れだったり。今はどんなに晴れていても布団を干して外出は絶対不可です。いつ降るか分かりません。

 本当かどうか分からないのですが、名瀬観測所のデーターで天気を出しても中央ではOKがでないので、正しい予報ができないと職員が怒っているとか。

 日本の気象衛星が復活すればこんな奄美の当たらない天気予報も当たる天気予報になるのでしょうか。ちょっとだけ期待しようかな。とはいえ、結局は人間の力で読むわけですから…。

 新しい気象衛星の愛称も気になるところです。でも「ひまわり」ももう懐かしい名前になってしまいました。

| | コメント (383) | トラックバック (5)

2005/02/26

寒い一日に…

050226

 内海は静かだ

 外は荒れ狂っているのに…

 北風が吹き荒れ

 道行く人も寒さに震える

 花の便りが届いたのに  まだ春は遠いのか…

 今日の奄美は曇り。最高気温は15℃だけど北風が強くてとても寒い。
暖かい奄美は、冬は使用電力量が減るので龍郷発電所一つで島すべての電気をまかなっている。

 昨日はその龍郷発電所で原因不明のトラブル。おかげで全島大停電。こんな事は珍しい。しかも名瀬市は台風でも滅多に停電しない。

 急遽、古仁屋発電所と名瀬発電所を稼働させたそうで何とか1時間半ぐらいの停電ですんだようだ。それにしても国道58号線が住用・瀬戸内方面に向かうので信号で左に曲がってしまうところがあるんだけど、そこの信号と大きなマンションの廊下だけ(自家発電の非常灯)ついていて、変な光景だった。すべての信号もストップ。車は大渋滞。コンビニは暗闇の中、頑張って手書きでレジうちの店員さん。

 それにしても冬でよかった。夏は暑いので電力量がかなり必要と思われるのでそんな時に停電したら大変だっだろう。

 

 

| | コメント (37) | トラックバック (0)

2005/02/25

船…

050225
 海岸に船が一艘。

 錨で固定してあるんだろうけれど、人もいないのに船だけがあるのも少し不思議な光景だ。
のどかでほのぼの…?

 海岸縁は余り波もなくて、静かな漁村を思わせる。
しかし外洋は時化。
昨日の夜も時化で船が大幅に遅れて入港してきた。名瀬港だけは少々の時化でもやってくるから感謝だ。

 さてさて奄美は全島停電。龍郷町の発電所のトラブルで…。先ほど名瀬市と住用村など一部のみ復旧したけれど。

 いきなりブチッとか切れないよね…。不安を抱きつつ。

| | コメント (435) | トラックバック (0)

2005/02/24

穴の向こう

conv0001

 久しぶりに天気がよかった23日に、大和村までちょっと足を伸ばしてみました。

 青い海、青い空、もう  〜〜〜〜〜〜ハッスル!ハッスル!最高です。
やはり奄美はこうじゃなくっちゃ!

 海の向こうを見ると大きな岩。波の浸食でいろいろな奇岩は見るけれど
綺麗なドーナツ型の岩。

 穴の向こうに丁度青い海と青い空の境が…

 あそこまで飛んでいって、穴をくぐってみたい!まるでサーカスのライオンみたいだけど
目をつぶると海と空の境に向かって飛ぶ自分が…

 人気blogランキングへ

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005/02/23

おがみ山

おがみ山入り口にて。ヒカゲヘゴです。

これからきつい坂を登って行きます。途中の展望広場は名瀬市内が見渡せて絶景!
050223_1522002.jpg

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/02/22

スモモ畑で

050222
 急に寒くなって、花も少し散ってしまったけれどまだまだ見頃。それとももう少しすれば鮮やかに花開くだろうか。

 スモモ畑は真っ白になり、目にも鮮やかな新芽もちらほらと…。

 花より団子?というけれど美しいスモモの花を愛でつつも心は6月の奄美プラムに飛んでいる。少し黒っぽい赤い実はそのまま食べるも良し、ホワイトリカーにつけて果実酒を楽しむも良し。

晴れれば白い花もさらに美しく空に映えることだろう。今週は雨が続くようだ。スモモ畑…

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2005/02/21

スモモが花開く…

050221
 スモモもモモもモモのうち…

 桃より少し酸っぱいから酸桃と呼ばれたのが始まりとか。今は李の字を当てる。桃と同じバラ科の木だ。

 桃の節句よりも少し早く、奄美のスモモは花開く。緋寒桜の開花と伴に春を少しずつ感じさせるようになり、緋寒桜が終わるのを見計らうようにスモモが咲き始めるのだ。

 桃と言えばピンクを思わせるがスモモは純白。緑の葉の色と対比して更に美しさを増す。
また少しの間、花見が楽しめそうだ…


 人気blogランキングへ

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2005/02/20

荒れ狂う波に…

050220
 冬型の気圧配置になると奄美も急に冷たい北風が強く吹き、太平洋側はあっという間に荒れ模様。空は相変わらずたれ込める雲でいっぱい。

 大浜に行くと、それはもう波は荒れ狂ったようにたたきつけてきた。リーフ際にぶつかる波は一段と激しく、その後少し弱まりはしても相変わらず強いまま砂浜に押し寄せてきていた。

 水平線がまっすぐでなくギザギザの線を描いているのもこんなにも激しい波のせい。波高4m。マリンブルーの美しいくも激しい波が続いている間はまだまだ春はやってこない。時折暖かくなるけれどまだしばらくは寒の戻りで近いようで遠い春が恋しくなる。

| | コメント (196) | トラックバック (1)

2005/02/19

花見日和は遠く…

050219
 この季節、奄美は雨が多い。晴れの日はほとんどない気がする。

 本茶峠は、せっかく緋寒桜が満開なのに全然花見日和ではない。濃いピンクの桜はどんよりとした雲の下。晴れていたらきっと更に美しいんだろうな。

 峠まで桜のためにみんなやってくる。こんなにも心をうきうきとさせてくれる桜。本当は晴れていたら花見で一杯と行きたいところ…。また雨がやってくる。

 人気blogランキングへ

| | コメント (147) | トラックバック (1)

2005/02/18

続・桜の木の上で…

050218-2
私、ズアカアオバトと申します。

 なんでサクラの木にいるのかって?
 私たち、サクラの花が大好きなんですよ。皆さん達みたいに見るのがではありません。食べるのが…です。
花芽につぼみ、花びらのおいしいことと言ったら…季節限定のごちそうなんです。今しか食べられませんから。

 私たちに会いたくなったら今なら本茶峠にいらっしゃい。サクラの木にたくさん留まって皆さんを待ってますよ。もっとも食べるのに夢中だけど…。

 ズアカアオバト、頭に少し赤い部分のある鶯色の鳩で全長35cmぐらい。緋寒桜の花を丸ごとむしゃむしゃ食べてしまいます。サクラの花はどんな味?聞いてみたいものです。

 人気blogランキングへ

| | コメント (560) | トラックバック (1)

2005/02/17

桜の木の上で…

050217
 「ねえ、ねえ、次の木に行かない?」
 「う〜ん、まだここにいたいよ」
 「あっちの木の方がおいしいかな?」

 三羽が何やら話している。天気なんかおかまいなしに 

 サクラの木の上でたのしいそうな三羽の群れ…

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005/02/16

桜♪桜♪桜♪♪

050216
 緋寒桜…ソメイヨシノのように花びらが散っていくのではないので桜吹雪なんてないけれど…。
もしそんな風に散っていくならきっと赤い花びらが強い風に舞って、どんなに綺麗なんだろう。

 一輪ぽとりと花ごと散っていくこの桜は、散り始めたらあっという間だ。

 寒い高地から咲いていくというのも桜の休眠という特徴と奄美や沖縄の気候がなせる技なのかもしれない。そういえば福岡より鹿児島の方が開花宣言が遅い。

 雨が多いこの季節、花見には最適とは言い難い奄美だけれど、春がそこまで来ていると
緋寒桜は私たちに告げてくれた。

人気ブログランキングへ

| | コメント (42) | トラックバック (0)

2005/02/15

桜週間

050215
 奄美大島は今、まさに緋寒桜が満開です。
今週は桜週間と言うことでちょっと指向を変えて桜の写真をお届けしたいと…。

 ヒカゲヘゴ…薩摩半島を南限とする巨大なシダ植物である。奄美大島では至る所でみられる。特に金作原原生林のヒカゲヘゴの群生は圧巻だ。

 本茶峠で桜のバックに大きなヒカゲヘゴが群生していた。思わず太古を思わせる大きなシダ、ヒカゲヘゴ。恐竜でも出てきそうなその前に可憐な桜。なんと対照的なことか。久しぶりの太陽の光を浴びて一段と大きくそびえ立つヘゴは桜の美しさを一層引き立ててくれる。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/14

海辺にたたずむ

050214 
 久しぶりに天気がよく、気温も高い日だった。

 大浜海岸にて一人たたずむ少女。海を見つめながら何を考えているだろうか。遠い故郷、それとも夏の思い出か。
キラキラと光る波に彼女の思いが飲み込まれていく。


 (注:すみません、我が子です。一人黄昏れていたので…)
人気blogランキングへ

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2005/02/12

今日明日は…

 今日と明日はお休みします。楽しみにしてくださる読者の皆さんごめんなさい。

 明後日からまたいろいろな写真をお届けしたいと思います。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2005/02/11

風にそよぐ…

050211
 夏、太陽の光を一杯に受けたサトウキビは冬に糖度を増す。そして刈り入れ…。

 12月から奄美ではサトウキビの刈り入れと黒糖作りが始まる。大きな工場の煙突から甘い香りが…。手作りのお店も昔ながらの牛に臼を引かせるさた小屋も今は黒糖作りの最盛期だ。

 平地の多い笠利町や龍郷町のサトウキビ畑では刈り入れの真っ最中。そんな中見つけたサトウキビの穂。天に向かってまっすぐと伸びる穂。時折吹く風にそよぐ穂は何を考えているのだろう。どこか寂しげに揺れている。

 昔はこの黒糖の為に薩摩藩から圧政を強いられていた奄美の人たち。そんな悲しい歴史があることをサトウキビはいつも思い起こさせる。かじれば甘い液が口いっぱい広がるそのサトウキビは苦くてつらい奄美人の歴史の一つなのだ。

| | コメント (30) | トラックバック (0)

2005/02/10

さむっ!!

 朝は暖かかったんですけど…奄美は雨でして、風も強いからイヤ〜な予感。

 午後からは寒いです。子供は体調崩すし…。下の子は暖かいのになれてるので寒いのはだめなんです。と言うわけで今日は写真なしです。

 週末は雨との予報。年開けてからこの間だけです!!晴れた週末。こんな年も珍しいです。本当に異常気象??????

| | コメント (89) | トラックバック (0)

2005/02/09

南の島らしく…

050209
 眞鍋かをりさんがブログで「南の島に逃げたい」と書いてらっしゃいますが、奄美に来てくれたらきっと大歓迎!!?
 今日も「どんなに疲れても、誰に傷つけられても、
自分が幸せになろうと思えば
その意欲さえあればどんなに疲れても、誰に傷つけられても、
自分オッケーがだせるようになるわけですよ!!!!!!」
と書いてらっしゃるじゃありませんか。がんばり屋さんです。パチパチッ。疲れたら本当に逃げてきませんか?奄美へ。
 


 さてここは南の島「奄美大島」ですから、道行けばいろいろ南国をイメージさせる植物が目につきます。椰子の木とか蘇鉄とか…。

 これはパパイヤの木です。奄美大島では青いうちには野菜として食べます。豚肉と炒めたりお漬け物にしたり。黄色く熟れたら果物として食べますが…。でも黄色くなるまで木についているパパイヤを見たことはありませんし、お店で黄色のパパイヤは全部外国産。奄美産は青いうちに食べる方が多いようです。

 このパパイヤ、家の片隅やお店の横など至る所に生えているのです。青パパイヤはダイエットにもいいとか。でもタンパク質をとかす酵素を持っているのでお漬け物を作るときも素手だと指紋が消えてしまうので要注意ですね。

 よく昔、駆け落ちなどで逃走と言うと北の寒い所に行く話しが多いですが、例えば「サトウキビ畑の唄」のように沖縄などの暖かい所に逃げた方が何だか幸せな気分になるような気がしませんか?逃走は是非是非南の島へ…

 と真鍋かをりさんのブログにTBしたら、昨日は失敗。今日は何故か二つも送られちゃってました(爆っ

| | コメント (1562) | トラックバック (0)

2005/02/08

太陽が恋しい…

DSC01964
 先週までの寒さと比べたら、さすがに寒さは緩んできた。しかし太陽が顔を覗かせ思いっきり晴れた日でさえ午後には曇ってしまう。

 太陽の強い日差しがぴったりな南の島「奄美」いつになったら晴れ渡る空が戻ってくるのか。毎日重い雲がたれ込め、時折ぽつぽつと雨が降ってくる。

 さすがに毎日これだといやになってしまう。太陽が恋しい!!本当の春はいずこ?

| | コメント (44) | トラックバック (0)

2005/02/07

雨の贈り物

050207
 去年の11月に「本茶峠で見つけた滝」の話を書いたが覚えていらっしゃるでしょうか。

 一昨日、サクラを見に本茶峠に出かけたらその滝は続く長雨のせいでかなりの水量になっていました。まさに滝らしい滝へと成長していたのでした。

 運転席にいた自分からはよく分からなかったけれど娘が「虹だよ」と大喜び。激しく流れ落ちる滝と丁度いい具合に差し込んだ太陽の光による偶然の産物!!

 年末からもうほとんど太陽の日が拝めず雨ばかりの奄美だったけれど、雨もいいものだな。雨が続かなければこんな風に滝も成長しなかっただろうから。そして久しぶりの輝く太陽のうれしいこと。時間が違えば見られなかったであろう滝に架かる虹は私たちの心を晴れやかにした。

 サクラはつぼみ有り、満開有りと取り取りだったけれど残念なことにちょっと遅く出かけた私たちには花見する場所は残されていなかった。

| | コメント (251) | トラックバック (0)

2005/02/06

だるいです…

 朝は晴れていたけど、やっぱり午後は曇り。たまには一日晴れてくださいよ〜。
本当に奄美で冬晴れ間を見ることはこんなにも難しいことだとは!

 寒さも緩んできたけれど、天気予報で言うほど温かいようには感じないけど。
曇っていると何だか体もずーぅんと重い感じ。今日は子ども達とDVD三昧です…。

 昨日ちょっと娘のおかげでいい写真!明日の記事にしちゃいましょう(予告…

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2005/02/05

求むプロチーム!!

 古田選手のブログでプロ野球チームの冬季キャンプが始まったことを知りました。

 あ〜もうそんな季節なんですね。鹿児島本土にいたときは千葉ロッテマリーンズが鹿児島市でキャンプしていたし、宮崎県で巨人軍がしていたので、結構身近に感じていたのですが…。実は王監督が大好きなので巨人軍の監督だったときは行こうと思っていたのに忙しくていけなかった苦い経験があります。

 奄美に来たらプロ野球はちょっと遠い話し。しかもダイエーがあるし、王監督だし「ダイエー頑張れ〜」なんて応援しておりましたが、ソフトバンクに売却とのことでそれも先日の16年応援ありがとうセールで最後となってしまいました。残念と当時にまたプロ野球が遠い世界になっていきました。テレビじゃ巨人軍ばかりなんだもの。

 奄美はこんなに暖かいのにどこかプロチームがキャンプに来てくれないかと思います。先日はマラソンの野口みずき選手が合宿に来ました。記念碑なんかも出来ちゃいました!!野球選手も何人か自主トレできたようです。自治体も本気で誘致を考えてみたらどうかなと思います。

 冬は天気がイマイチなんですけどね。でも今年こそ雨はたくさん降りましたが、普段は曇ってはいるけどこんなに毎日雨と言うことはないのです。でも休日の娯楽がないなあ〜。暖かいだけじゃだめかな?

 古田選手どうでしょう?奄美いいですよ…。

 

 

| | コメント (404) | トラックバック (0)

2005/02/04

雨・雨・雨・・・

DSC02020
 朝は冷え込むと天気予報では言っていたけれど…確かに一日降るとも言っていたけれど。先日の寒さほどではないが、まだまだ寒い。今日は立春だというのに…。

 朝から雨がひどく、向こうの山も曇って見えない。小学生の色とりどりの傘が鮮やかだ。風は穏やかになったけれどまだまだ冬の装い。

 さて、明日は奄美は晴れ、しかも最高気温19℃の予報。春を感じさせてくれるかしら?ちょっと期待、そして不安。奄美に関しては天気予報って当たらないからね。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2005/02/03

今日は節分

050203
 今日も午前中は風が強くとても寒かったが、午後風も落ち着いてきて寒さも少し緩んできたようだ。

 湾内もずいぶんと穏やかになって航行する船の波がまぶしいくらい。明日の朝こそ冷え込んで10℃を切るようだがその後は暖かくなるとの予報。

 今日は節分。鬼も寒いのはイヤだろうな。そして明日は立春。春はもうそこまで来ているのだろうか。まだまだ晴れ間はなかなか見られないけれど、暖かい春が来ればきっと日差しがまぶしいことだろう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/02/02

エントリー♪♪

 輝く!ブログ大賞というのがあるようです。

 大それた事にエントリーしてみようと画策。その記事にTBするかコメントを書くだけでエントリーできる手軽さもいいです。

 奄美大島在住の主婦トコリンにより「美しい奄美の自然、特に碧い空と海を写真でお届けする…。」毎日その姿を変えていく「空と海」少しでも奄美を身近に感じて頂ければ…。

 ココログ大賞も無理だったくせになんという奴でしょうね、私。
「何事も参加することに意義がある!!」

| | コメント (18) | トラックバック (0)

まだまだ

大荒れの天気はまだまだ続きます。奄美では本土からの新聞が来ませんでした。鹿児島は大雪なので飛行機が飛ばなかったかな。

海もすごく荒れていたけど表航路の大きな船はきました。乗っていた人大変だったろうな。

風がすごくて街路樹のパームツリーは葉が飛びそうです。050202_1507002.jpg

| | コメント (333) | トラックバック (1)

2005/02/01

海は荒海…

050201

 日本中、今年最大の寒波のせいで大荒れの天気。奄美も例外ではない。

 時折晴れ間を見せるが、風速10mの風は海を時化させている。波は堤防に激しく打ち付ける。写真を撮ろうにも風で息が出来ないほどで、シャッターを構えるのもやっと。おかげで写真が斜めになってしまった。いくらシャッターを着てもあまりの風でよろけてしまい、ぶれたり斜めになったり…。足の骨折でしっかり踏みしめられないのも原因かな?

 天気自体が悪ければアラレでも降ったかもしれない。とにかく寒い。風の冷たさが骨身にしみる。

 部屋の中にいるとそこまで感じないが時折ゴ〜っと風の音がする。しばらくはこの天気が続くのだろう。船も裏航路は欠航とか。表航路もかなり遅れが出ているが抜港(ばっこう・止まる予定の港に寄港しないこと)もあるかもしれない。冬は確かにいつも波が高く、裏航路の抜港はよくあることなのだが…。ここまで海が時化るのは台風の時以来だなあ。

| | コメント (188) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »