« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/30

自分のとろさ痛感。

071130
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 今日で11月も終わりです。明日からいよいよ師走。今年もあと1ヶ月となってきました。
北風ビュービューの奄美。奄美の冬もいよいよ本格化?

 さて、日曜日の森に行った話に戻ります。

 子ども達は子供広場で大喜びで遊んでいます。
私はベンチに腰掛けて、背中にはボンを背負って…。

 耳を澄ますと鳥たちの鳴き声。
その中に低い「ギャーギャー」という声が混じっています。

 これは天然記念物、鹿児島県の県鳥であるルリカケスの鳴き声。
そういえばきさんがカラスバトの鳴き声を真似してカラスバトを呼び寄せたっけ?

 ルリカケスの声は案外簡単そうに見えたのでちょっとまねして
「ギャーギャー」と鳴いてみます。
2,3回声色を変えながら鳴き真似………。

 と、近くでいきなり「ギャーギャー」

      !!!!!!!!

 見事、目の前に来ました!!

 あわてて、シャッターを切ります。

 まさか本当に来るとは思わなかったもん………。
でもすぐ逃げていきました。
あんまりあわててたので、ちょっとぶれちゃった(泣

 逃げた先が分かったので忍び足で追いかけたんですが、
そんなことは知らない女性が「ザッザッ」と大きな足音を立てて
私の横をすり抜けた瞬間………森の奥へと逃げていってしまいました。

 よ~~し、次に声が聞こえたらカメラをしっかり構えて
鳴き真似作戦をやってみよう!

| | コメント (137) | トラックバック (1)

2007/11/29

実がなるのが楽しみ?

071128
↑クリックすると大きくなりません………
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 奄美、ここのところずっと雨。と思っていたら南方には台風が二つもできていて…気がつけば熱帯低気圧に変わっていましたが。
おかげでこんな天気だったのでしょうね。海も荒れています。
そしてやっと風邪からも解放されそうな我が家。このまま元気であって欲しい物です。

 さて、きさんにもう一つ案内してもらったのは、

  クロミノオキナワスズメウリ

 スズメウリ、カラスウリよりも小さい実を付けるからとか実が雀の卵に似ているからとか
色々な謂われがあるようで…。普通のスズメウリは黄緑色の実をつけます。
で、どちらもスズメウリ科。

 調べてみるとオキナワスズメウリというのがあるのですが、こちらはオキナワスズメウリ科で近縁ではある物の別種で、緑色に白い縦の模様が入り、さながら小型のスイカのようらしいです。ただし、オキナワスズメウリは毒があるらしいですけど…。

 カワイらしい、控えめな小さい花でした。

| | コメント (250) | トラックバック (0)

2007/11/27

サザンカもう一枚

071127
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 本当は昨日アップしようと思っていたサザンカ。

 開き始めたサザンカもまたきれいな物です。
白くて清楚。

 野生のサザンカは一重。園芸用に品種改良された物は
濃いピンクだったり、八重だったりと艶やかですが。

 昨夜はボンが高熱。オッパイも飲まず、30分おきに泣き続け…でもおっぱいは嫌がるのにお粥は食べる。不思議だわ?で、朝には熱が下がってきて、昼には平熱に戻り、
そしたら普通におっぱいも飲み始めました。良かった!!
でもやたらと甘えん坊なのがもっとひどくなりましたけどね。 

| | コメント (502) | トラックバック (0)

2007/11/26

咲いた咲いた奴さん☆

071126
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 金曜日、娘達の晴れ舞台の後から夫が高熱で倒れました。
順番に来てるなあ~~でも私だけ高熱で倒れてないのが怖いです。

 で、昨日、家にいるとうるさくて夫も養生できないので
子ども達を連れて森へ!!

 「ヤッコソウ咲いてるよ!!」と管理棟から声をかけていただけたのでさっそく展望台に上がりたいという娘達と意気揚々とヤッコソウ観察。
咲いてると言ってもこんな程度でう~~ん期待はずれかな?

 展望台で遊んでから下の子供広場で遊んでいると指導員さん、「どう?」と声をかけてくださって、ご自分の撮られた写真を見せてくださいました。
完全なる奴さんの!
「もう一つの群生の場所のがいい感じで咲いてるよ」と言うことで
娘も行きたいと言うから一緒に案内してもらいました。

 どんぐり広いの家族連れにも「草むらに入らないでね、危ないから」と声をかける指導員さん。そうそう、どんぐりを食べようとやってくる鳥や小動物を狙ってハブくんがいる可能性が高いので本当に危険なんですよ。

0711261
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 ヤッコソウはヤッコソウ科の植物で、腐生植物とか寄生植物と呼ばれています。
植物なのに、自分で栄養は作りません。スダジイなどの根に寄生しているのです。
分布は熱帯なのですが、日本でも高知県、徳島県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県に自生しています。

 高さはコレで2cmよりちょっとあるかな?
奴さんが歩いている姿に似ているからヤッコソウ。

 で、今はきれいな乳白色ですが、受精が終わると先端部分(柱頭)は茶色くなってしまいます。

0711262
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 カワイらしいヤッコソウ。う~~ん、マクロで撮りたかった。
マクロレンズを持ってないので、コンデジくんにすれば良かったなあ。
でもこの日はすでに曇りでさらに森は暗く、なかなか撮るのは難しいなあと思ったわけで。

 先日、フラッシュをたいたら、表面がテラテラなこのヤッコソウは見事にテカテカでしたもん。

 長女は喜びながら、周りのどんぐりも拾いながら…。

 何とかヤッコソウ見られました!そのうえ、夫もゆっくり休めたようで夜には熱も下がって。
一石二鳥?一石三鳥?

 ごめんなさい。今日はサザンカをもう一枚と思っていたのに、うれしさのあまりヤッコソウにしてしまいました。

| | コメント (227) | トラックバック (1)

2007/11/23

サザンカ☆

071123
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 今日はちょっと忙しいよ。
娘達の晴れ舞台なので♪♪

ってことで、取りあえずアップ。

 きさんが「サザンカの場所、案内するよ」と言ってくださったので、
大喜びでサザンカの場所まで連れて行ってもらいました。
サザンカ、もっと花弁は肉厚だと思っていたけど
後ろの葉が透けてきれい。

 また、次で別の写真をアップしようかな。

 サザンカについてはFORTUNEさんがくわしく調べてくださっているのでそちらをどうぞ。

→サザンカ、サザンカ、咲いた道~♪

 

| | コメント (1368) | トラックバック (0)

2007/11/22

もう少しもう少し

071122
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 実は昨日のアリモリソウはFORTUNEさんとヤッコソウが咲いたろうから見に行ってみようとなったから森に行って見つけたわけで。

 ヤッコソウ、前回見に行ったときはこんな感じ→「早く咲いてね」の記事
あれから早1ヶ月どころか、1ヶ月半経ってしまってて、さすがに咲いただろうと。

 秋の風物詩、ヤッコソウ。咲くとまるで白い奴サンが地面からニョキニョキって感じで可愛いと聞くので楽しみに…。小雨も降ってきたというのに。

 森の入り口できさんにお会いした。

「まだだよ~~」と言われてちょっとがっくり。
でもその後で「サザンカ咲いてるところに案内するよ」とうれしいお誘い。

 一応どんな感じか小雨が降る中ヤッコソウの確認。
ああもうう咲きそうだけど、咲いてない。ヤッコソウはお預けになったので
次はサザンカを見に…。サザンカについてはまた次の記事なり。

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2007/11/21

実物との違いを感じる

071121
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 ネットなどで調べて「あ~そろそろこの花が咲くね」などと勉強してはいるものの…。
実際に見たことがない花なども結構あるもの。

 特に去年、秋冬は全然そんなことも見に行くこともしないで、ただひたすらに「きつ~~い」と寝ていた日々だったもので、秋冬の花には疎くなっていた。

 「アリモリソウがひっそりと脇に咲いていた」なんて読んでたものだから、
気をつけてよく見ないと見落としてしまう様な花だと思っていたので
森でアリモリソウが林道脇にたくさん咲いているのを見たら
全然違う花だと思っていて「あれはなんて花だろう?」とFORTUNEさんと話していた。

 後できさんに「アリモリソウだよ」と言われたときは
逆にビックリしてしまった次第。

 キツネノマゴ科で屋久島以南に咲く花。アリモリソウ。
雨も降ってきて、あわてて撮ったので相変わらずイマイチどころかイマニぐらいになってしまった…………。

 

| | コメント (97) | トラックバック (0)

2007/11/20

菊を撮ってみた

071120
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 ボン、寝てる間に…。ごちゃごちゃ書いてるよりとにかく写真をアップしようと。

 先日、リンク先のvagabondさんが、素敵なイソノギクの写真をアップされていて、
「見に行きたい」と思ったけれど、ホノホシ海岸まで行っている時間は私にはないので…
でも何だか菊が撮りたくなって、適当に走ってみた。

 で、色々撮ったが白い花って難しいんだなあ………。
しかも花は終わりで下の方の葉が枯れていて、それが写らないようにと…

注:もちろんこれはホノホシのイソノギクではありません。山羊島近くです(^O^)
ココログ、携帯でも編集し直せるようになったので挑戦v(^-^)v

| | コメント (55) | トラックバック (0)

2007/11/17

蝶撮ったり!!

071113
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 いつも元気な次女が熱を出しましてね~~、ボンも鼻水がひどいので
病院に行きました。
ただの風邪のようで、よく寝て、よく食べたら熱も引いて…ただ薬のおかげで二人ともぐっすり。ボンも薬が効いたら鼻水もほぼ止まっております。寒かったり暑かったり体調も崩しやすい時期なので気をつけないとね。

 寝ているのでホッとして、久々の更新。

 車を走らせていたら、ツマベニチョウがひらひら(^o^)
早速撮りたいと降りたら、あやつはスピードが速くてね。
止まってくれなくと撮れない(T_T)

 そしたらユラ~~と舞い降りてきたのがこちら。
羽がちょっとボロボロなので自信ないけど、多分タテハチョウ科のアカタテハ。

 一枚だけ撮ったらまたユラ~~っとどこかへ飛んでいきました。

 その後、2頭やってきたのは………

0711131
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 リュウキュウミスジ。こちらもテングチョウ科。
ところが2頭とも止まるどころかひらひらと飛び続け、
全然止まる様子がなし。

 何だかムキになってしまって、連写攻撃をして
カメラで追い回してしまいました。

 で、後から確認したら一枚だけ、それなりの写真が!!
後は、ピンぼけとか小さすぎとか、羽の動きが早過ぎて被写体ブレとか。

 アカタテハは日本中いる蝶だけど、このリュウキュウミスジは奄美大島以南の蝶。
なかなか止まったところにお目にかかれないのですが、吸蜜中とかに会えないかな?

| | コメント (88) | トラックバック (0)

2007/11/14

初めてのアフリカマイマイ遭遇

071112

 子守次女…で何とか更新です!

 奄美のニュースとしては……ネットニュースでも出てたんですが、
「アマミノクロウサギ大量死」にビックリです。
未だアマミノクロウサギと遭遇したことはないですけど、目立った外傷もないようで
死因が気になるところ。病気の可能性もあるということでそれが元で絶滅とかなって欲しくない物です。

 で、遭遇と言えば…………先日初めてアフリカマイマイに遭遇しました。
というか、幼稚園のバスを待っていたら、「アフリカマイマイがいたの。つかまえたんだけど保健所に言った方がいいのかしら?」と。もちろん素手では危ないのでビニール袋に入れて。

 最近、鹿児島県を賑わせているアフリカマイマイ。というのが今まで県本土では確認されていなかったのに出水市、指宿市で相次いで見つかったのです。
何より、農作物を荒らす害虫でもあり、世界侵略的外来生物ワースト100の中にも入っているという世界最大のカタツムリ。東アフリカが原産と言われていますが、とにかく人為的に分布が広がって熱帯と呼ばれるところはほとんどいると思っていいカタツムリ。

 とにかく雑食性で食欲旺盛、草、葉っぱ、木の実、動物の死骸、何でも食べるし、すごいときは砂、石、コンクリートさえ食べるんだって。さらに動くスピードが一晩で50m以上と普通のカタツムリなんかよりすごい早さ。
 繁殖力もすごくて、1回100以上の卵を産み、それを10日ごとに!!成長も一年で成貝に。

 日本では植物防疫法により、沖縄・小笠原・奄美からの持ち出しは一切禁止となっていて、そうやって騒がれているんだけど………先日、小学校のPTAで「何で鹿児島ではあんなに問題になっているの?奄美には前からいるじゃないの?何でそれはいいの?」という話に。と言うのが実は小学校のトイレでアフリカマイマイが発見されてそのトイレが使用禁止になっていて「何でアフリカマイマイが出たから使用禁止?毒があるから?」
(聞けば、地元の人たちは毒があるから触ったらダメと子供の頃に教わったそう)

 「使用禁止になっているのは、広東住血線虫の中間宿主になっていて、素手で触るのも危険だし、這った後を触っても危険だからじゃない?」と言ったら「じゃ、何で奄美では駆除しようって県は動いてくれなくて本土だと駆除するの?」
………イヤ~~私に聞かれても、と思いつつ
「今までは本土にはいなくて、法律で沖縄や奄美から本土に持ち込んでは行けないことになっているから、広がる前に駆除するのでは?」
何かそんな感じで押し問答になってきて…「奄美には昔からいるけど、いつからいるの?」
「戦時中に食料として持ち込まれて」
「でも虫がいて危険なのを食べるの?」
「寄生虫が付かないようにしてエスカルゴの代わりに実際でも缶詰とかで食べられてるから、食べることは可能だと」などなど………ハハハ何で私に聞くのだ??

 この忌み嫌われているアフリカマイマイ。この存在を喜んでいるのはオカヤドカリだとか。大きなオカヤドカリの殻によくこのアフリカマイマイの殻が使われているって。
そんな大きなオカヤドカリにはまだ会ってない私ですが。

 それにしても出水市ではまだ続々と捕獲されているアフリカマイマイ。出水市は雪も降るし、寒いから越冬できなくてこれ以上は繁殖しないかもしれないけど………次女はすぐ「カタツムリ~~」なんてつかまえちゃうから。ダンゴムシもすぐつかまえるし。
「コレ触ったらダメなんだよね~~」とオキナワキョウチクトウの実を持ってくるし。
できるだけ会いたくないなあ。しっかり触らないように言い聞かせておかないと。

 ちなみにこのアフリカマイマイはそう言うのに詳しい方に持っていってもらって処分されたそうです。

 伝言ですが:コメント欄にユタ神様のことが書いてあるせいで、「ユタ神様について教えてください」とたまにコメントが来ますが…残念ながら私は奄美を離れて現在は連絡先は分かりませんので、そう言うコメントはお控えください。

| | コメント (615) | トラックバック (1)

2007/11/13

こやつのせいです!

こやつのせいです!


コメントもお返しできてません。更新もできてません。
すみません、すべてはボンのせいm(u_u)m

先日の選挙以来、お昼寝が一度に30分ぐらいと短いうえにPCのキーボードに興味津々で奪い取ろうとするし、後追いが始まったか私に抱きついておりまして(^_^;)

まあこんな時期も今だけだろうしお昼寝時間がまた1時間ぐらいになればまたできるんですが…。
昨日はPCも触れんかった(|||_|||)
長女なら子守もしてくれるけど昨日は歯医者や習い事が…

うまく寝てくれたら更新します。ごめんなさい。

| | コメント (564) | トラックバック (0)

2007/11/10

商店街が暑い日

071110
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 今日は珍しく撮ったばかりの写真☆

 ど~~ん!!と大きい伊勢エビの入った伊勢エビ汁。
行ってきました、永田橋市場へ。

 今日は、朝から永田橋市場で「Come-モーレ市場」というのをやっています。
いろんなお店が出てますよ。もちろん市場なのでいつものお店もいろいろやってて
鮮魚店ではこの伊勢エビ汁がなんと500円の大特価!
島野菜の販売や試食とかお菓子類も充実。

 くわしくは「奄美の商店街ブログ」のこの記事で!!

 いつもチョット閑散としているこの市場も今日はすごい人。
島唄も演奏してたし…。

 伊勢エビ汁食べて、タンカンジュース飲んで、お土産にハンダマ豆腐や島豚まんとか
よもぎ餅とか買って………

 午後は商店街で「街祭り」、そして夜は「屋仁川通り」でやんごまつりです。
長女が街祭りに参加するので、またまた出かけてきます。

0711101
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 今日は、こんなバス停も出現。
下にしっかり「バスは止まりません」と書いてありました(*^_^*)

 いつもこの市場がこんなに活気があるといいのになあ。
こういう市場って大好きなんです。
大学時代はアパートの近くの市場で買い物してましたね~~。
200円で大量のキビナゴを買ってしまって食べきれなかった(>_<)なんて思い出も。
でも最後は火事で全部燃えちゃって、再建されないとなったとき
とても残念でした。

 確かに大型スーパーで何もかもそろうのは子連れにはうれしいですけど、
こういう市場で話ながら買うのも旬の物が分かってすごくうれしい。
「はげ~~かわいか~~(^o^)」なんて声をかけられながら…。
人見知り真っ盛りのボンが不思議とケラケラ笑ってました。

 入り口に板かけてバリアフリーになると普段でも行けるんだけどなあ~~。

 奄美の人!!商店街へ急ぎましょう!!

| | コメント (88) | トラックバック (1)

2007/11/09

ブログで繋がる仲

071109
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 なかなかボンが寝る時間だけPCといっても難しい物で。
気がつけば夕方。

 ネットでの出会い…というとよく犯罪なんかの話が出てきて
結構怖いイメージもあるように思いますが…。

 一番そう言うので多いのは出会い系サイト。やはり下心があるから?

 mixiにしろブログにしろ下心有りではやはりそう言うことにも繋がるのかもしれないけれど、下心なし、ただ単純に思いのまま綴り、そしてそこから出会いが生まれるのは事実。
リンクを通じ、コメントを通じ、いつの間にかお友達のようになっていく。

 そしてまた実際にその人達に会い、ずっと前からの友達のように
親しくさせてもらえる…

 このブログを通じて、いろんな人に知り合えましたが…

 未だ、会わぬ人からこんな物が届きました。
送り主は「わん、ブラジルにいるっちょね」のpatinhaさん。

 FORTUNEさんが、託かって来ていたのです。

 というのは、この6月、奄美市でNHKの「のど自慢」が行われ、
その放送をFORTUNEさんがDVDにダビングして彼女に送りました。
そのあと、鹿児島県のみの放送でその予選の様子が放送されたのですが、
それをダビングしたのが私でして…そしてFORTUNEさんがそれを送ってくれたら
お礼と言うことでこの異国情緒あふれるキーホルダーが!!

 次女にねだられましたが…今は私の家の鍵のキーホルダーに。

 patinhaさん、ありがとうございます。

 ブログで繋がる仲、また一つ私の財産が増えたような気がします。
いつの日か、patinhaさんにも会いたいなあ。
地球の裏側にいる人と、こうしてブログで繋がれるってすごいことだと改めて思うのでした。

 

| | コメント (173) | トラックバック (0)

2007/11/08

シラサギ・シラサギ?

071107
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 どうもスッキリしない天気です。気温は高め。長袖だと暑いので半袖を結局来てます。
アアンもぅスッキリして!!

 火曜日からドタッと疲れが出たのかやる気ナッシング!
で、またまた三太郎峠での写真です。

 目の前にシラサギが!!!

 といってもシラサギって鳥は本当はいません。
白いサギを総称してシラサギって言うのです。
実は奄美に来るまで全然知らなくて、白いサギは全部同じでシラサギで
大きさの違いは幼鳥、老鳥なんて思っていました。

0711071
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 今回遭遇したのはダイサギ。シラサギの中で一番大きくて、体長90cmぐらい。
ダイサギも実は2種類に分けられ、夏に日本で繁殖して中国に帰る夏鳥のチュウダイサギと中国で繁殖して冬に越冬にやってくるオオダイサギ。どちらにせよ日本では一年中ダイサギは見られるわけで…。でも微妙に渡りの時期が違う奄美大島なので
コレはチュウダイサギなのかオオダイサギなのか?
でもかなり大きくて、目の前で見たときは結構ビックリ物でした。

0711072
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 シラサギは他に70cmぐらいのチュウサギ。これはやはり夏鳥だけど、
九州の暖地では越冬するそうで、コレも奄美では年中見られるかも。 

 そしてコサギ。こちらは60cmぐらい。

 車の前を悠々と飛んでいくダイサギ。
画像がチョット悪いのは窓越しなので反射しちゃって。

 ありふれたシラサギではあるけれど、人(車?)も恐れず飛んでいくので
飛ぶところもしっかり撮れました。

| | コメント (21) | トラックバック (1)

2007/11/07

旅する蝶のお話し

071106
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 ふう、一段落です。小学校の方で昨日はちょっと絵本読んできました。
全校児童の前で。去年もしてるからなんてことはないと思ったけど…口がからからに乾燥したぞ。肝の小さい奴ですね~~私。

 ヤマヒヨドリバナにとまっているのは………

 そうアサギマダラ。

 マダラ科の蝶、アサギマダラは旅する蝶。
春は南から北へ、秋は来たから南へと長距離を旅していきます。

 今、奄美大島を飛んでいるアサギマダラは北からやってきた蝶なのです。
アサギマダラの生態を調べるために専門家達がマーキングをしてます。
「どこで誰がいつ捕獲したか?」

 奄美大島でも続々とマーキングされたアサギマダラが発見されています。
福島県などから飛んできているのです。
蝶なのになんて長距離を………。

0711061
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 今年の目標の一つ。羽を広げたアサギマダラをきれいに撮る!

 ヤマヒヨドリバナに止まって吸蜜するアサギマダラに静かに近づく……………

 もう少しもう少し、もう少しだけ待っててね。

0711062
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 上の写真と同じアサギマダラ。
こんなに近づいても「知らんがな?」と気にも止めない様子で
一生懸命蜜を吸うために、止まろうとゆっくり羽根を開いて閉じて…

 すかさずパシャパシャ…やった、開いてるところが撮れた!!

 あとはマーキングしたアサギマダラを見つけられたらもういぅことなし!

| | コメント (178) | トラックバック (0)

2007/11/05

秋深し

071105
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 今日は朝から天気が悪いですが、気温が少し高いのかムンッとした感じ。

 先週、サキシマフヨウを撮りたいなあと思っていたら…

 秋らしく、ススキも群生してました。
というか最近の奄美はススキも非常に多くなって来ているように思います。

 サキシマフヨウよりススキの方が存在感があるなあ………。

 小学校の関係で今日明日、ちょっと忙しい。そんなわけで明日は更新お休みします。
明日の行事が終わったらコメントレス、ブログ訪問させてください。

 

| | コメント (304) | トラックバック (0)

2007/11/04

藻玉なり

071103
↑クリックすると大きくなりません。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 奄美、今日は23℃。でもとにかく北風が強くて、寒くて、子ども達と夫は温泉に。
ホテルに温泉があるんですよ。島唯一の温泉かな?私はボンとお留守番。
あ~~温泉に行きたい。鹿児島本土に戻りたくなるとき。それは温泉に浸かりたいなあと思うときかな?家族湯があれば、言うことなしなんだけどなあ。

 まあ、それはさておき、モダマ大発見で興奮してますよ、まだ。

 では今日はモダマ画像とモダマの話。

 モダマは、見ての通り、豆です。そうもちろんマメ科。
屋久島以南に自生してます。
モダマの由来は「藻が付いた実で玉(宝石)のように美しい豆」から。
モダマはマングローブ原生林や海岸近くに自生し、
豆は海を漂いながら海岸に流れ着き、またそこで芽を出して増えていく植物。
海を漂っている間に藻が巻き付いてしまうわけです。
最初は正体不明の藻の産物と考えられ、磨けば光る石のようだったので
藻の玉。モダマになったわけ。

 シーハートという別名もあるそうで、「モダマ探して幾千里」の記事の
きさんのコメントにもあるように、ハート型の実もあるなんて
なんて素敵。

0711031
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 だいたい、実の大きさは5cmから10cmだそうです。
で、このモダマ、このままサヤごと、あるいは実だけ、アジアン雑貨になって売られているらしい…。マレーシアとかタイなど海外のお土産店でですが。
そんなわけで外国産のであれば日本でもアジアン雑貨店で売っているとか。
で、ちょっと調べていたら、某大型ネットサイトで「幸運の豆、一個380円」で売られてました。幸運の豆にしてはお安い値段ですが…。
ちなみにサヤごとの雑貨は某サイトで4000円前後。

 さらにオーストラリアでは食べる!!
といっても毒素があるので中を割って白い実を出して焼いてからつぶして
さらに流水に数日間晒して毒をしっかり抜いてから食べるんですって。

 ところで海岸近くに自生しているはずのモダマ。
ここは山の中。下は確かに川だけど、なぜ?
「昔はここが海岸線だったのかな?」とFORTUNEさんと話したのですが…
石垣島のモダマなども海抜80mのところにたくさん分布していて
約100万年前はそこが海岸線だったとか。
もちろん今流れ着いてマングローブで成長しているモダマもあるそうです。
と言うことから考えても、流れ着いた頃はここより下は海だったのか?

 奄美大島でも流れ着いて実は密かに成長しているモダマ…
あったりして??

 

| | コメント (474) | トラックバック (1)

2007/11/02

モダマ探して幾千里?

071102
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 昨日から急に気温が下がってきた奄美ですが、今日は風もすごく強くて体感温度は15℃ぐらいじゃないかと。実際には20℃ちょっとあるのですけどね。
そんなわけで今日は無理にでも衣替えをしなきゃ…。

 さて、FORTUNEさんと行く…モダマ探しの旅。
腹ごしらえをして、もう一度チャレンジ!!

 逆から行くとすぐに看板は見つかりました。
すぐに見つかるかと、ちょっと停めて周りを見るけど、
ない!!

ない!!

ない!!

 奥の方を探したり、下の沢の方を見たり…でも全然ありません。
かなりの時間、探し回っても全然見つからなくて、
ついに助っ人に電話することに。

 奄美のことならなんでもござれ…ツアーガイドアマミアン「きさん」。

 がそれでもないんですよ。
「盗っていかれたかも」

「ガ~~~ン」

 もう一ヶ所教えてもらったのですが、
チョット見たけど、時間がタイムアップだったので、
諦めて帰りました。

「盗るなんてひどいよね」と二人で文句タラタラ状態で…。

 そしてその晩、検索の女王FORTUNEさんが検索して
私たちは大きな間違いを犯していること判明。

 さらに観光ネットワーク奄美の「みどりの島・あまみ」によると
最初のは盗られちゃったけど、手の届かない場所に結構なってることも
判明。

 きさんの説明ももう一度思い返して…リベンジです。

 翌日すぐと行こうと二人で画策していたら、無情にも雨。
午後にはやむかと思ったらますますひどくなって断念。

 水曜日にリベンジ作戦です。

 探して探して見つからず。
でもこのままでは帰れないと今度はFORTUNEさんが観光ネットワーク奄美
電話しました。もうみなさんにお世話になりっぱなし。

 そしてFORTUNEさんが

「あった~~~!!」

0711021

↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 でも私の目では分からないのですよ。

 一生懸命、目を凝らす。

 ダメ!見つからない。

 「ほらあそこ」とFORTUNEさんが指さしてくれるんですが

 見つからない!

 見つからない!

 わかんないよ~~!!

 もうダメだ~~~~~~~!!

0711022

↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 あった~~~!!

 モダマ、鈴なり!!!

 一つ見つけるとウジャウジャ、ゴロゴロ、ブラ~~ンブラ~~ン。
たくさん見つかります。

 もう感動です。

 どれも遠くて高くて、あれなら盗れないはず!!
モダマの名前は藻玉から。まあ、詳しくは明日、またモダマ画像と供に。

 なんでそんなに見たがったがって?
モダマ、北限は屋久島。奄美大島はここ、住用だけ。
モダマの実、超巨大サヤエンドウみたいな物だと思ってください。
長さは1mは軽く越えるんですよ。

 奄美市では文化財として保護されてますので、絶対盗ってはいけませんよ!

| | コメント (163) | トラックバック (0)

2007/11/01

もういっちょ蝶

0710305
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 さらにうっそうと生い茂る木々。暗さは不気味さを増し…それでもヤマヒヨドリバナさえあればそこは蝶達の楽園。

 今まで個別に見ればそんなに小さいと思わなかったリュウキュウアサギマダラ。
アサギマダラと一緒にいると、すごく小さく感じます。
リュウキュウアサギマダラが4cmぐらいならアサギマダラは大きいと6cmぐらい。

0710306
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 一時も羽を休めることなく飛び回るリュウキュウアサギマダラ。
シャッターチャンスはなかなかありません。
吸蜜中は完全に羽を閉じてしまうのです。
そう言う写真なら今までも結構撮ったことあるしなあ。←贅沢者!

0710307
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 何とか精一杯の開翅写真。蝶を撮る人ってすごいなと改めて思いました。
羽を広げた写真って本当に撮れないものです。

 とまあ、蝶の写真でお腹いっぱいに…なるわけはなく、すでにお昼なので
近くのラーメン屋さんに腹ごしらえに行くことに。

 モダマの話?え~え~午後の話を聞いてあげてくださいよ。

| | コメント (584) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »