カテゴリー「奄美雑記」の記事

2008/03/22

サンゴの石垣

080321
↑クリックすると大きくなります。
《Canon EOSkiss デジタルX》

 サンゴの石垣といえば、やっぱりこれ。

 普通にサンゴを積み上げたもの。
風情はあるんだけど、実はこの隙間にハブが住み着くので
手を入れたりするとガブっなんてこともあるから
そのせいで最近はドンドンなくなってます。

 この延々と続くサンゴ石垣は瀬戸内町西古見。
いいね~~。でも近づくのは怖いのでちょっと離れて見学。

| | コメント (214) | トラックバック (0)

2008/03/19

昔に思いをはせ

080319
↑クリックすると大きくなります。
《Canon EOSkiss デジタルX》

 龍郷町秋名集落にある琉球石垣。
FORTUNEさんと見に行った。

 サンゴの石を隙間なくぴったりと積み上げた亀甲乱れ積みという手法。

 普通の石垣のように本当にきれいに積んであって隙間がない。
見れば見るほど感動の代物。

 さらに場所がわからなくて困ってしまったけど、
集落の人は親切に教えてくれる。
それでも迷って、最後は目の前まで道案内してくれた人まで。

 おかげでこのすごい石垣が見られました!!

| | コメント (279) | トラックバック (0)

2008/01/23

ヤコウガイの神様(その2)

Pa0_0014  今日はPTAなんで、ちょっと忙しいですが、
相変わらず甘えん坊でくっつき虫でいたずらっ子のボン。かわいいんだけどね~~~。

 さてさて、話の続きを。

 最初の先生が加工されたヤコウガイのかけらを頂きます。

 自分で選ぶんですが、「あなたが選んでいるようで貝が持ち主を選ぶんですよ」と先生。

 私はこんな奴を選びました。
長女が選んだのはまたあとで…。


《au携帯 W54CA》

 これを耐水性サンドペーパーで磨きます。
10枚のペーパーは順に荒さが細かくなっていくわけで、コレで約2時間。頑張って磨き、最後に研磨剤をちょっと付けたデニム生地で磨いて終わりです。

 途中で先生に「ここはどこの部分だよ」と教えてもらったのですが、長女のは貝の中心部分で結構貴重な場所のようで…。

080123
↑クリックすると大きくなります。
《au携帯 W54CA》

 最後に革紐のペンダントかストラップにしてもらえたのですが、ここで長女が悩む悩む。
ペンダントがいいんだけど、ストラップの上についている石がタイガーアイとかみたいな光方をするのでそれがきれいで欲しかったらしく…「あとで革紐を買ってペンダントにしてあげようか?」と提案してやっと決められました。

 左が長女ので右が私のもの。みどりの部分が気に入っていたのに、削り過ぎちゃったのかかなり減ってしまったのが残念。

 「歯磨き粉をタオルに付けてさらに磨くともっと光ります」と最後に先生がおっしゃったので、実は今も時々磨いてます!
ついでにインフルエンザで行けなかった次女がすごく残念がってて、
私のは次女の物になりそうなのがちょっと残念ですけどね。

| | コメント (311) | トラックバック (1)

2008/01/21

ヤコウガイの神様(その1)

080117_2
↑クリックすると大きくなります。
《au携帯 W54CA》

 またまた次女が昨夜から熱発。だけど今日、幼稚園を休ませたら…現在平熱で元気になってしまっておとなしくさせる方が大変って、まあ元気な方がいいんですけどね。

 そんな次女がインフルエンザにかかったとき、

子ども手熟師会で「ヤコウガイの神様が来るぞ」(奄美諸島史の憂鬱)という企画があり、
日曜日には私もボンも元気になっているだろうと申し込んでいたので
「ああ、行けない」と残念に思っていたところ。

 運良く、夫の仕事が休みになり、次女とさらにボンまでも見ていてくれると言うではないですか!!

 長女と仲良く行ってきました。

 ご指導くださるのは徳之島「工房海彩」池村茂先生。

 ヤコウガイはその真珠層の美しさから、螺鈿細工の材料になったり
ボタンの材料になったりという大きな貝で、北限が奄美大島。
また北限だけに奄美群島のヤコウガイは他の地域のヤコウガイよりも
ゆっくり時間をかけて育つため、その真珠層の気密さ、美しさは格別なのだとか。

 写真のヤコウガイは、10日かけて磨かれた物と、
ランプをともすためにさらに薄く磨いて、光を通すほどに細工されたもの。

Pa0_0013_2
《au携帯 W54CA》

 さて、今回は粉が飛び散るかなあとカメラはちょっと怖くて持っていかなかったので
携帯ですが…。

 「夜光貝食べたことある人~~?」と質問から始まり、
食べたことがある私たちは「は~~い」と元気よく手を挙げました。
実家にはその時の夜光貝の殻が残っているのでいつか磨いてみようかな?

 最初はヤコウガイの説明を聞いて、それから磨いたわけですが…。
どうなったかはまた次のお話しということで。

| | コメント (1306) | トラックバック (0)

2007/12/05

道なき道で大ピンチ

071205
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 ボン、昨夜は平熱。でも布団をけって逃げまくるもんだから…まだ完全復帰でない今日。でも今日はPTAなので、そんなボンを連れておでかけするしかないわけで。
三人目ってたくましくなるかも?

 きさんのツアーは道なき道とまではいかなくても
かなりの悪路。ガタゴトガタゴト、すごく揺れます。

 4WDでなかったら、きっと無理だったでしょうね。

 きさんの説明を聞きながら、ドンドンと進みます。

 実はいろんな観光マップなどを眺めていると「本当にここに道があったのか?」みたいなところに道が書いてあります。未舗装の道だろうが、しっかり地図に出ていれば行けると思って頑張っていってしまって、最悪な事態になることも。
私はそれで一度崎原と戸口はしっかり道があると思って行ってしまって未舗装の砂利道に突入。しかも軽自動車で………。行けたからよかったけど。

 ガイド誌を書いている方々…せめて基本は舗装道だけ載せてください。
未舗装の道しかないときは注釈ぐらい書いて下さい。
騙されそうです。

 さて、道の方はここ数日の雨で、水たまりとかすごいかと思ったけれど、そうでもありません。
「こういうときは地盤が緩くなるから、木が倒れてたりするんだよね~~。念のためノコギリは準備してあるよ」と笑いながら………。

0712051
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 え~~!!

 本当に倒木が道をふさいでいます。
冗談じゃなく、本当です!
さあどうする?諦めて引き返すか?

 冗談が本当になった大ピンチ発生にさあ、きさんはどう出るか?

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007/11/10

商店街が暑い日

071110
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 今日は珍しく撮ったばかりの写真☆

 ど~~ん!!と大きい伊勢エビの入った伊勢エビ汁。
行ってきました、永田橋市場へ。

 今日は、朝から永田橋市場で「Come-モーレ市場」というのをやっています。
いろんなお店が出てますよ。もちろん市場なのでいつものお店もいろいろやってて
鮮魚店ではこの伊勢エビ汁がなんと500円の大特価!
島野菜の販売や試食とかお菓子類も充実。

 くわしくは「奄美の商店街ブログ」のこの記事で!!

 いつもチョット閑散としているこの市場も今日はすごい人。
島唄も演奏してたし…。

 伊勢エビ汁食べて、タンカンジュース飲んで、お土産にハンダマ豆腐や島豚まんとか
よもぎ餅とか買って………

 午後は商店街で「街祭り」、そして夜は「屋仁川通り」でやんごまつりです。
長女が街祭りに参加するので、またまた出かけてきます。

0711101
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 今日は、こんなバス停も出現。
下にしっかり「バスは止まりません」と書いてありました(*^_^*)

 いつもこの市場がこんなに活気があるといいのになあ。
こういう市場って大好きなんです。
大学時代はアパートの近くの市場で買い物してましたね~~。
200円で大量のキビナゴを買ってしまって食べきれなかった(>_<)なんて思い出も。
でも最後は火事で全部燃えちゃって、再建されないとなったとき
とても残念でした。

 確かに大型スーパーで何もかもそろうのは子連れにはうれしいですけど、
こういう市場で話ながら買うのも旬の物が分かってすごくうれしい。
「はげ~~かわいか~~(^o^)」なんて声をかけられながら…。
人見知り真っ盛りのボンが不思議とケラケラ笑ってました。

 入り口に板かけてバリアフリーになると普段でも行けるんだけどなあ~~。

 奄美の人!!商店街へ急ぎましょう!!

| | コメント (88) | トラックバック (1)

2007/10/15

新北風を感じる日

071015
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 昨日は幼稚園の運動会。実はコレが一番疲れるかも。
自分の出番もあるし。おかげで昨日はブログもお休み。

 そんな山場で今年最後の運動会を終え、子ども達も夫も私も咳がひどく…風邪ひきさんです。夜中、そんな状態で何度も起きるボン。

 明け方、外からビュービューと強い風の音が聞こえてきていました。

 奄美にミーニシと呼ばれる新北風が来たのかも。
その年の秋、初めて吹く北風を「ミーニシ」と言います。
確かに予報を見たら北の風でした。

 大陸から強い北風が吹くと、それまで暑かったのが一気に涼しく、いえ肌寒いほどになります。東シナ海を中心に海も荒れてくるのです。

 不思議なほどに青い海は荒れた大波が押し寄せてきていました。
一週間前なら、まだまだ泳げる…そんな気候だった奄美も、一気に秋模様に模様替えされていくのでしょうね。

| | コメント (152) | トラックバック (0)

2007/09/21

続!ヒラセマンカイ

0709214
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 さてさて、平瀬マンカイ、昨日の続きです。
あまりたくさん写真をアップすると表示速度も遅くなりますしね。

 掛け合いも続いていたのです、長女…
「ここ見にくし、妹見てくるね」と姿を消しました。
つまらなかったかな?

 掛け合いが最高潮になると、今度は女童平瀬の人たちは輪になって踊り始めました。
もう後半かな?

 そう思っていると、長女が戻ってきて
「あっちの方がよく見えるからあっちで見てたよ。
二つの岩が一緒に見えるもん」
ハハハ、こどもの方が鼻が利くなあ。

 そう言われた方は、最初、三脚を海の中へ入れている方々がいたので濡れないと見られないかと思って敬遠したのに。

0709215
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 長女とそちらの方へ行くと…神平瀬の女性陣が座って海の方を拝み始めていました。

 もしかして???

 みんな降りていく。そう、平瀬での踊りは終わりだったのです。
しまったなあ。リサーチ不足だわ。どこで見るのがベストかとかしっかり聞いておくべきでした。でもあそこもいい場所ではあったのよね。ただ長女の身長ではちょっと…。
もっと早く移動すれば、両方いい写真が撮れたのに。

0709216
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 今度は皆さん、中央で輪になって八月踊りを踊り始めました。

 もっと近くで、バシッと撮りたいなとも思ったんですがね…。何せ内気で(うそです)
というより、何だかせっかくの集落の行事を汚すような気がしてね~~。
私は外の人間だからね。
遠くから望遠で撮りました。
確かに近くで、あるいは身を乗り出して、生き生きとした皆さんの表情を写すのはいいのかもしれないけど。
 彼らだけ踊っているシーンを撮りたかったんだけど…いつまで経ってもそのすぐ側で撮っている人たちはそこにいました。最後まで………。
テレビ局とかね、公報の腕章を付けた人もいたけど、逆にそう言う人たちは撮りたいシーンを撮ったらすぐに去ってました。ずっといたのは若い感じの人達。
やっぱりプロの人だよね。うん、プロだから記録を残すために必要と自分を納得させる。

 普通に見ている人たちが入るのは、それっぽくていいんだけど、カメラマンだらけじゃね~~(*_*;)

 でもよかった。平瀬マンカイ見られて。ボンは背中で文句も垂れずにおんぶされてました。
そして、思いっきり遊んで全身ずぶ濡れな次女が………。
帰りの車で一寝入りした 長女と次女。この事は長女の記憶にだけ残るかも………。

| | コメント (32) | トラックバック (0)

2007/09/20

初!ヒラセマンカイ

070921
↑クリックすると大きくなります。
【au携帯 W53CA】

 昨日から目の調子がよくないなあ~~と思って、結局今朝に眼科に行ってきました。
やはり麦粒腫。疲れてるとなりやすいんです。まあ、夜起こすのがね~~~いるから。
睡眠不足ですね。

 さて、昨日は龍郷町秋名で二つの伝統行事がありました。
早朝に行われる「ショチョガマ」と夕方満潮時に行われる「平瀬マンカイ」

 初めて奄美に引っ越してきた年、ちょうど歩き始めた次女が抱っこも嫌がって歩きたがるので「まあ来年があるさ」と思ったのがそもそもの間違い。
翌年、長女が幼稚園に入園したら、旧暦で行われるこの行事は平日のことも多く、行くのが不可能に。さらに去年は日曜日だったのに、運動会だったのです!

 ショチョガマはやっぱり無理だったけど、平瀬マンカイだけでも何とか見に行きたい。
そう思って、5時間授業で帰りが4時前なので校門まで長女を迎えに行って
そのままレッツゴー!!間に合ってとひたすら願いながら。

 そんな願いを打ち破るように有良、芦花部ではいきなりの雨。
そしてトンネルを抜けると…雨がやみました。
到着時刻は16時10分。16時から始まると聞いていたので心配してたら………

0709211
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 打ち合わせ中?

 どうやら間に合ったようです。

 さて、以下は平瀬マンカイについて頂いたパンフレットより抜粋引用。

なお、このお祭りは昭和60年に国の重要無形民俗文化財に指定されています。

祭りは那覇世(13世紀~17世紀初頭)の時代、首里王府の統治下にあった頃から行われていたとされる。昭和35年、保存会が設立。

旧暦八月、最初の乙丙の日をアラセツ(新節)といい、火の神を祀ります。
アラセツから7日目の壬の祭りがシバサシ
シバサシから7日目甲の日のお祭りがドゥンガ。
この三つのお祭りが三八月(ミハチガツ)。この最初のアラセツにショチョガマと平瀬マンカイが行われます。

「ショチョガマ」…午前4時頃に屋根の上で太鼓を打ち鳴らし祭りを呼びかけます。
また、一年間に生まれた男の子を屋根の上に乗せ、健康祈願をします。
日の出の前にショチョガマの前方左右に置かれた裁断にお供えをし、神役のグージが祭司を唱え豊作祈願を済ませます。「ユラ・メラ」のかけ声とともに、屋根をユラして日の出とともに南側に倒します。

「平瀬マンカイ」…午後4時頃、満潮にあわせて、お祭りをします。
神平瀬に8名の女性(ノロ)が岩に登り、女童平瀬には男3名女4名が岩に登り、神平瀬と女童平瀬とで唄の掛け合いが行われ、海の彼方(ネリヤ)の神々への豊作祈願が行われます。

0709212
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 さて、お祭りが始まりました。

 神平瀬にノロ役の女性の方々が登り、唄が始まりました。
次女、サッサと海で遊び始め、長女は一緒に見ていました。
「ショチョガマの倒すの見てみたかったなあ」とブツブツ。
「ここ見にく~~い」とさらにブツブツ。

0709213
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 さて、こちらは女童平瀬。
女性陣はちぢんを打ち鳴らします。

 まだまだ続くのですが、今日はここまで。

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007/09/11

古仁屋・古仁屋♪

070911
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 朝から雨。降り出した雨は一層激しくなり、午前中7ヶ月健康相談だった私たちは「最悪だ~~~!!」と不満が…。ここのところ病気が続いて食欲も落ちていたんだろうボンは、身長も低めだけど大きかった体重もチョット落ち気味。発達的には問題がないのでしばらくは様子見。まああれだけ何度も熱を出せばね~~。

 さて、昨日は「雨」の予報を跳ね返すごとく「ほぼ一日曇り」だったので、
久しぶりにおでかけ。いや、日曜日にも出かけたんだけど。

 「花屋のジェラートがおいしいんだって!」の一言で
「よ~~し、ジェラートツアーだ~~~!!」とすぐに集まるのはいつもの3人組。
FORTUNEさんとちるりんさん。

 出かけた先が瀬戸内町古仁屋。自分たちが住む名瀬が島のちょうど中央ぐらいに位置していて、古仁屋は島の南端にあります。車で小一時間。そして途中の網の子峠は難関でしょうね。グルグルクネクネな道。でも今でこそ、それぐらいでいけるようにトンネルも整備されましたが、以前は車で3時間かかったとか。
それにしてもジェラートの為だけに古仁屋に行くのは私3人ぐらい?

 その前に古仁屋などを見渡せる高地山展望台、油井岳展望台と向かったけれど、
重い空に霞んだ海で何とも残念な事に。

 さて、この花屋さん「たしろ」。花屋でありながら、地元の色々なフレーバーの手作りジェラート(イタリアンアイス)が有名で、何とオンラインショップまでやってます。
花屋たしろのHPはこちら♪

 加計呂麻のサンゴ塩を使った「奄美塩」「黒糖焼酎」「ミルクと黒糖」「ウコンきび酢」を始め、フレッシュミルクやクッキークリームと言った普通のフレーバーなど全部食べたい………。

0709111
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 さて、この花屋さんにこんなお土産を持って現れたのは
HP「小さなお店てぃってぃぐわ」とブログ「てぃてぃっぐわ」をされている「かあちゃん」さん。
最初の頃は「かあちゃん」さんと呼んでいたんだけど、ちゃんとさんが重なった感じで
言いにくいのでいつからか「かあちゃん」と親しみを込めて呼ばせていただいています。

 「かあちゃん」はIターンで関西の方から瀬戸内にいらっしゃったご家族のママさんで
4人のお子さん子育て中。
「てぃってぃぐわ」とは奄美の言葉で「ひとつだけ」。
家の目の前の海で拾ってきたシーガラスなどの素材を自然に帰りやすい素材でヘンプ編みで世界でたった一つだけの雑貨を作っていらっしゃる。
ただ今、HPに行くと売り切れと言うことでメールでお願いすればオーダーメイドで
作ってもらえるそうです。また色々できたら写真付きで注文ページがアップされる予定です。
センスある素敵な根付けとかで「あ~~欲しいなあ」と思いながら、
古仁屋に行ったときに買えないかなと思いながら行く年月。
そしていつもブログで元気で楽しいかあちゃん流子育てを見てはため息。
自分の後ろ向きさに嫌気が差したり、ずうぅーんって落ち込んでいるとき
彼女のブログを見ると「よしガンバロ」って気にさせてもらえる。

 そんなかあちゃんにずっとずっと会いたくて、コンタクト取ったりして…。
でもなかなか実現しないまま、ついにそのかあちゃんに会えたのです。
そのうえ、ずっと欲しかったこのシーガラスの根付けを
「ぜひどうぞ」とみんなの分持ってきてくれていたのです。
実は日曜日に家の鍵を落とした私。新しい鍵に付けて、今度は落とさないように、いえ落としても分かるようにしっかり鈴とか付けておこうっと。

 元気で明るくて気さくで、素敵なかあちゃんはやっぱり思った通りの人でした。
そして私より若いのにしっかりした感じで…。
みんなで話に花が咲き、ジェラートを食べ終わってもずっと話してました。
楽しい一時なんてあっという間。お昼になってお別れの時間に。
かあちゃんの一番下の子のお迎えの時間になってしまったのです。

 お別れの時は寂しかったけど、車で1時間。またきっと会えるはず!
これからもよろしくお願いします。

 さて、3人で海の駅でお昼を食べた後は、田原製菓のかりんとうを買って、
家族へのお土産とジェラートを頼んでいたのを取りに行ったら
ドライアイスもたくさん入れて、しっかりきれいに包装されて準備してありました。
う~~ん、さすが花屋さん。箱もおしゃれな段ボールでそれを包装に包んでさらに
ビニールの包装紙で。

 大満足で帰途につきました。

| | コメント (820) | トラックバック (3)

より以前の記事一覧