カテゴリー「昆虫」の記事

2008/01/28

ちょっとだけよん☆

0801243
↑クリックすると大きくなります。
《Canon EOSkiss デジタルX》

 さてさて、今日が最後です。リュウキュウアサギマダラのお話し。

 リュウキュウアサギマダラは気温が15℃を下回れば、活動をやめ、木などに集まって止まります。
この日は予想最高気温は16℃だったので、絶対大丈夫と思ったけれど、
気温の割に風がなく、晴れていたので体感温度的には16℃以上あったかもしれません。

 今日は越冬シーンは無理、まあ、リュウキュウアサギマダラのきれいな青が見られただけでいいかと思ったところ、それっぽく木に止まっているリュウキュウアサギマダラを発見!!
ちょっとうれしい………と思っていたら………

0801244
↑クリックすると大きくなります。
《Canon EOSkiss デジタルX》

 おお!!数は少ない物の、数頭がぶら下がっている木を発見しました。

表の模様はきれいな青なのに、裏側は茶色のスジの方が目立っていて、木にどうかしているような感じで全然気がつきませんでした。

 何とか写真を撮ろうにも、今日はちょっと面倒くさがってボンを抱っこショルダーバックで抱っこしていて、カメラに興味津々でカメラを取ろうと頑張るボンと格闘しながら。

 でもよかった、成功写真があって。
今年はこの場所が唯一越冬が見られるらしいので、また寒い日は行きたいなあ。

 蝶好きの長女。未だこの越冬シーンに出会えず。
週末に行こうねと話しているのですが、気温が高い日ばかりでなかなか行けません。
晴れた日なら、早朝は気温が低いかもと思って、そんな日を狙っているのですけどね。

| | コメント (218) | トラックバック (0)

2008/01/27

越冬とは言い難く

08012421
↑クリックすると大きくなります。
《Canon EOSkiss デジタルX》


 虫嫌いの人には本当に申し訳ないエントリーが続きますがご容赦あれ。

 さて、森の中では日の当たる暖かい上の方の場所を選ぶように、リュウキュウアサギマダラ達が飛んでいました。

 そして越冬してるよと言われたアダンには…ワハハ見事に羽を開いて止まっていました。

 越冬と呼んでいい?
いえいえ、元気に起きているようです。

0801242
↑クリックすると大きくなります。
《Canon EOSkiss デジタルX》

 日に透ける青は一層と輝いているような気がしました。

 前回よりは数自体少なくなってるようです。
みんな元気にどこかを飛び回っているのかしら?

| | コメント (631) | トラックバック (0)

2008/01/26

地球温暖化?

080124
↑クリックすると大きくなります。
《Canon EOSkiss デジタルX》

 昨日は長女が発熱で、幸いにも今日は平熱。ホッとしているところです。

 それにしても寒くなったらまた暑いぐらい暖かくなり、また寒くなるの繰り返しで
体もついていかない気がします。本当に1月は何度病院に足を運んだことかしら?

 さて、寒くなったら行こうと思っていた場所へ足を運びました。
前日はとても寒く、朝幼稚園のバスを送るときもすごく寒かったので絶対に見られると思って………。そうリュウキュウアサギマダラの越冬シーン。

 行くとちょうど入り口に自然観察の森の指導員さんにお会いしました。
定点観察の途中だそうで色々とお話しをお伺いしましたが…。

 気温が低い割にはここも少ししかいない。他のスポットは全然いなかった。
今年はいつもの場所で越冬してる姿は見られない。………etc。

 確かに今年はすごく寒い日もあったけど、全体的に暖かい冬。
うーん、コレも地球温暖化のせい?そういえば、蝶の北限がどんどん北へと上がっていると聞きます。昔は奄美にいなかった蝶が奄美に土着し、奄美以南にしかいなかったカバマダラなども本土で繁殖しつつあったり。

「今日はアダンのところにいるよ」とのアドバイスを受けてその場所へと向かいました。

0801241
↑クリックすると大きくなります。
《Canon EOSkiss デジタルX》

 早朝に比べてちょっと気温が上がっていたからでしょうか?
リュウキュウアサギマダラは越冬どころか…見事にランタナに群がるように
吸蜜してる!

 これでは越冬シーンは無理かしら?

 ボンにじゃまされるのでなかなか更新どころかアクセスもできない状態だというのに
見事にココログのカウンターが20万hit行きました。
皆様ありがとうございます。
来週、お礼を兼ねて、プレゼント企画をする予定ですのでよろしくお願いします。

 

| | コメント (281) | トラックバック (0)

2007/12/25

眠り姫にも

0712233
↑クリックすると大きくならないんだってば。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 みなさん、メリークリスマス!!

 今日はクリスマスらしいカラーで。でもやっぱり虫さん。ごめんなさい。

 モクマオウの林の中で目を惹く赤い色が!!

 その名もスリーピングハイビスカス。
眠り姫のように、目を覚まさない…ハイビスカス。
そうコレで開花。花がこれ以上開かないのです。
ずっと閉じたまま。でも咲いたら、シベだけは出てきます。

 そんなスリーピングハイビスカスにもリュウキュウアサギマダラは止まっていました。
でも蜜を吸っているわけではなくて、本当に枝に止まってる。
ああなんてシーンなんだろう。

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2007/12/24

越冬シーン

0712231_2
↑クリックすると大きく…なりません。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 虫ダメ~~という人には本当に申し訳ない記事が続きます。
ごめんなさい。

 ふうわりと飛んできたリュウキュウアサギマダラの行き先を
追いかけていきます。

 いましたいました!!

 モクマオウの林の中、木々に止まっているたくさんのリュウキュウアサギマダラ。
リュウキュウアサギマダラ、この蝶は実は冬を成虫の状態で
越すのです。そう、越冬するのです。

 これがリュウキュウアサギマダラの越冬シーン。

07122311
↑クリックすると大きくならないのです。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 寒さから逃れるように、薄暗い林の中で木の枝に寄り集まるリュウキュウアサギマダラ。

 もっと寒くなるとまだまだたくさんのリュウキュウアサギマダラが
塊になって止まっているのですが、この日はこんな感じ。
で、そんな寒い日はちょっとぐらい近づいても全然動かないらしいのですが…。

 いきなりたくさん飛び立ったと思ったら、うちの次女とFORTUNEさんの長男坊様が
近づいて行ってた。
でもたくさんのリュウキュウアサギマダラが飛び立つ様はそれはやはり幻想的で…。
でも撮れなかった(爆

| | コメント (96) | トラックバック (0)

2007/12/23

友情友情♪

071223
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 さて、クリスマスも直前に迫ってきましたね。
そして今年の終わりもカウントダウン……。

 そんな気ぜわしい時期だというのに、
本当に毎日お忙しかったというのに。
しかもこの日は終業式で、次女ちゃまのお迎えや長女ちゃまも
いつもと違って給食後に速攻帰って来ちゃうと言う大変な日だったのに
私がずっとずっと見たかった…「○○」を見られるかもと
わざわざ某所へ連れて行ってくれたのは
FORTUNEさんでした。

 なんて優しい。なんて素晴らしい友情。ありがとう!!FORTUNEさん!

 で、この日の私の方ですが、すでに次女は前日に終業式を迎えていて
さらに長女の小学校は給食どころか5時間授業というありがたい状態だったのです。
要するに暇って奴ですね。
むしろ次女の相手をもてあましていたかも???
その次女もFORTUNEさんの所の長男坊様(しかも2歳児)が仲良く遊んでくれまして
ああ、精神年齢は一緒なのか??の5歳児でした。

 まあそれはさておき、その某所で見られるはずのもの…「あれ?いないこの間はたくさんいたのに」と言った状態だったのですが………。

 おお~~でもでも飛んでます。取りあえずいましたよ。

 リュウキュウアサギマダラ!!

 さあ、見つかるかなあ?○○……

| | コメント (32) | トラックバック (0)

2007/12/11

楽しい時間はおしまい…

0712056
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 風邪スパイラルはおしまいと言いたいけど、家族みんな咳してます。
う~~む、熱が出て倒れさえしなければいいかしら?
そして今日も幼稚園へと向かわねばならない私。
今週も行事目白押し?

 さて、きさん流のミステリーツアーも今日で最後。

 「あっ、テングチョウだよ」ときさんが車を停めます。
運転しながらでも蝶の種類までしっかりみわけるきさんはさすが。
いつも素敵な蝶画像がいっぱいだもんなあ。

 でも私は止まったテングチョウが見つけられない(T_T)

 「ほら、指の影の先」と言われて一生懸命本物の指の先を探しまくってしまって…。
やっと影の方を見ればいいことに気がついたときは
テングチョウは飛び立とうとしている瞬間で、きれいに羽を広げた姿は激写できませんでした。

 タテハチョウ科のテングチョウ。天狗みたいな角があるからテングチョウ。
本州以南なんでそう珍しくはないのかもしれないけど、少なくとも私は奄美に来るまではこんな蝶にお目にかかれたことはないですね。

 写真には撮れなかったけど、ルリタテハも見ました。コレも初めて。

071211
↑クリックすると大きくなったらいいんだけどね。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 豊かなる水…深き森…濃い空気を一杯に胸に吸い込んで。
神秘なる山を頂くこの島の自然に少し、触れることができたツアーでした。

 きさん…とても楽しくて有意義な時間でした。
また行きた~~~い!!

| | コメント (535) | トラックバック (0)

2007/11/17

蝶撮ったり!!

071113
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 いつも元気な次女が熱を出しましてね~~、ボンも鼻水がひどいので
病院に行きました。
ただの風邪のようで、よく寝て、よく食べたら熱も引いて…ただ薬のおかげで二人ともぐっすり。ボンも薬が効いたら鼻水もほぼ止まっております。寒かったり暑かったり体調も崩しやすい時期なので気をつけないとね。

 寝ているのでホッとして、久々の更新。

 車を走らせていたら、ツマベニチョウがひらひら(^o^)
早速撮りたいと降りたら、あやつはスピードが速くてね。
止まってくれなくと撮れない(T_T)

 そしたらユラ~~と舞い降りてきたのがこちら。
羽がちょっとボロボロなので自信ないけど、多分タテハチョウ科のアカタテハ。

 一枚だけ撮ったらまたユラ~~っとどこかへ飛んでいきました。

 その後、2頭やってきたのは………

0711131
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 リュウキュウミスジ。こちらもテングチョウ科。
ところが2頭とも止まるどころかひらひらと飛び続け、
全然止まる様子がなし。

 何だかムキになってしまって、連写攻撃をして
カメラで追い回してしまいました。

 で、後から確認したら一枚だけ、それなりの写真が!!
後は、ピンぼけとか小さすぎとか、羽の動きが早過ぎて被写体ブレとか。

 アカタテハは日本中いる蝶だけど、このリュウキュウミスジは奄美大島以南の蝶。
なかなか止まったところにお目にかかれないのですが、吸蜜中とかに会えないかな?

| | コメント (88) | トラックバック (0)

2007/11/14

初めてのアフリカマイマイ遭遇

071112

 子守次女…で何とか更新です!

 奄美のニュースとしては……ネットニュースでも出てたんですが、
「アマミノクロウサギ大量死」にビックリです。
未だアマミノクロウサギと遭遇したことはないですけど、目立った外傷もないようで
死因が気になるところ。病気の可能性もあるということでそれが元で絶滅とかなって欲しくない物です。

 で、遭遇と言えば…………先日初めてアフリカマイマイに遭遇しました。
というか、幼稚園のバスを待っていたら、「アフリカマイマイがいたの。つかまえたんだけど保健所に言った方がいいのかしら?」と。もちろん素手では危ないのでビニール袋に入れて。

 最近、鹿児島県を賑わせているアフリカマイマイ。というのが今まで県本土では確認されていなかったのに出水市、指宿市で相次いで見つかったのです。
何より、農作物を荒らす害虫でもあり、世界侵略的外来生物ワースト100の中にも入っているという世界最大のカタツムリ。東アフリカが原産と言われていますが、とにかく人為的に分布が広がって熱帯と呼ばれるところはほとんどいると思っていいカタツムリ。

 とにかく雑食性で食欲旺盛、草、葉っぱ、木の実、動物の死骸、何でも食べるし、すごいときは砂、石、コンクリートさえ食べるんだって。さらに動くスピードが一晩で50m以上と普通のカタツムリなんかよりすごい早さ。
 繁殖力もすごくて、1回100以上の卵を産み、それを10日ごとに!!成長も一年で成貝に。

 日本では植物防疫法により、沖縄・小笠原・奄美からの持ち出しは一切禁止となっていて、そうやって騒がれているんだけど………先日、小学校のPTAで「何で鹿児島ではあんなに問題になっているの?奄美には前からいるじゃないの?何でそれはいいの?」という話に。と言うのが実は小学校のトイレでアフリカマイマイが発見されてそのトイレが使用禁止になっていて「何でアフリカマイマイが出たから使用禁止?毒があるから?」
(聞けば、地元の人たちは毒があるから触ったらダメと子供の頃に教わったそう)

 「使用禁止になっているのは、広東住血線虫の中間宿主になっていて、素手で触るのも危険だし、這った後を触っても危険だからじゃない?」と言ったら「じゃ、何で奄美では駆除しようって県は動いてくれなくて本土だと駆除するの?」
………イヤ~~私に聞かれても、と思いつつ
「今までは本土にはいなくて、法律で沖縄や奄美から本土に持ち込んでは行けないことになっているから、広がる前に駆除するのでは?」
何かそんな感じで押し問答になってきて…「奄美には昔からいるけど、いつからいるの?」
「戦時中に食料として持ち込まれて」
「でも虫がいて危険なのを食べるの?」
「寄生虫が付かないようにしてエスカルゴの代わりに実際でも缶詰とかで食べられてるから、食べることは可能だと」などなど………ハハハ何で私に聞くのだ??

 この忌み嫌われているアフリカマイマイ。この存在を喜んでいるのはオカヤドカリだとか。大きなオカヤドカリの殻によくこのアフリカマイマイの殻が使われているって。
そんな大きなオカヤドカリにはまだ会ってない私ですが。

 それにしても出水市ではまだ続々と捕獲されているアフリカマイマイ。出水市は雪も降るし、寒いから越冬できなくてこれ以上は繁殖しないかもしれないけど………次女はすぐ「カタツムリ~~」なんてつかまえちゃうから。ダンゴムシもすぐつかまえるし。
「コレ触ったらダメなんだよね~~」とオキナワキョウチクトウの実を持ってくるし。
できるだけ会いたくないなあ。しっかり触らないように言い聞かせておかないと。

 ちなみにこのアフリカマイマイはそう言うのに詳しい方に持っていってもらって処分されたそうです。

 伝言ですが:コメント欄にユタ神様のことが書いてあるせいで、「ユタ神様について教えてください」とたまにコメントが来ますが…残念ながら私は奄美を離れて現在は連絡先は分かりませんので、そう言うコメントはお控えください。

| | コメント (615) | トラックバック (1)

2007/11/07

旅する蝶のお話し

071106
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 ふう、一段落です。小学校の方で昨日はちょっと絵本読んできました。
全校児童の前で。去年もしてるからなんてことはないと思ったけど…口がからからに乾燥したぞ。肝の小さい奴ですね~~私。

 ヤマヒヨドリバナにとまっているのは………

 そうアサギマダラ。

 マダラ科の蝶、アサギマダラは旅する蝶。
春は南から北へ、秋は来たから南へと長距離を旅していきます。

 今、奄美大島を飛んでいるアサギマダラは北からやってきた蝶なのです。
アサギマダラの生態を調べるために専門家達がマーキングをしてます。
「どこで誰がいつ捕獲したか?」

 奄美大島でも続々とマーキングされたアサギマダラが発見されています。
福島県などから飛んできているのです。
蝶なのになんて長距離を………。

0711061
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 今年の目標の一つ。羽を広げたアサギマダラをきれいに撮る!

 ヤマヒヨドリバナに止まって吸蜜するアサギマダラに静かに近づく……………

 もう少しもう少し、もう少しだけ待っててね。

0711062
↑クリックすると大きくなります。
【Canon EOS Kiss デジタルX】

 上の写真と同じアサギマダラ。
こんなに近づいても「知らんがな?」と気にも止めない様子で
一生懸命蜜を吸うために、止まろうとゆっくり羽根を開いて閉じて…

 すかさずパシャパシャ…やった、開いてるところが撮れた!!

 あとはマーキングしたアサギマダラを見つけられたらもういぅことなし!

| | コメント (178) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧